移住立国あやべ

飲食店うっトコのええトコRestaurant

うどん屋 得兵衛(飲食店)

大島町で25年にわたって営業を続ける「うどん屋 得兵衛」。ここは元々「Page1」という人気レストランがあった場所です。Page1を経営していた進藤啓一さん(72)は、店の営業と並行して大手うどん店で修業を積み、1996(平成8)年に独立して、Page1を「うどん屋 得兵衛」に変身させました。

現在、店を経営するのは、啓一さんのあとを継いだ次男の大和(ひろかず)さん(35)。うどん歴は10年を超えました。

経営する進藤大和さん。

 

高い原価率 お客様のために

幼いころから父親の経営や接客の様子を見て哲学を学んだという大和さんは「当店を選んで下さったお客様の事を第一に考える」と言い切ります。これまでにたびたび親子の間で経営方針を巡って意見の衝突がありましたが、この点では迷うことなく考えが一致したそうです。

その表れが同店の原価率の高さ。利益を最小限に抑えて、可能な限り良い料理とサービスを提供することが同店のモットーです。その原価率の高さは、うどん店という客単価の小さい飲食業としては異例ですが、緊急事態宣言下にありながら客足が衰えないのは、食事で客に満足してもらうことを最優先する同店ならではの現象かもしれません。忙しく店を切り盛りする大和さんに話を聞きました。

店舗外観。

 他店と比べて「これだけは負けない」と自信を持っている点は。

コストパフォーマンスです。25年間、お客様から頂いた経験やアドバイスのおかげで、商品の質は確実に向上しています。常にお客様の「得」を高めることを考え、利益を抑えて良い物を多く提供する先代の「薄利多売」の精神でできたことだと思います。その為、食材を一度に大量に仕入れて、なるべく早く使い切ることを心がけています。

毎年「水無月まつり」の日には、ざるうどんを100円で提供し、地域のみなさんに喜んでいただいています。

 

常連さんにも大人気の「野菜いっぱいうどん」

客を驚かせるような名物メニューは。

一番人気の看板メニューが「野菜いっぱいうどん」です。うどんでありながら豚骨スープを使っており、そこに野菜を入れて煮込み、エキスを抽出しています。9種類の野菜と温泉卵(もしくはゆで卵)、具をふんだんに載せて提供致します。このメニューのお客様は多く、月に4、5回食べに来て下さる方たちもいます。

看板メニュー「野菜いっぱいうどん」

 

それ以外に注文が多いのは「得兵衛うどん」。いわゆる「全部載せ」と呼ばれる、具材たっぷりのメニューです。当店の人気トッピング具材を一杯に、エビ天、肉ごぼう、きつね揚げ、温泉卵、ワカメ、ネギを載せてボリューム満点。「きつねうどんと肉うどんのだしを合わせると、お互いの良さを引き出し合える」という当店が提供する、関西だしうどんの究極です。

昨年9月に加わった好評の新メニュー「坦々うどん」は坦々麺のうどん版。豆乳と肉味噌をたっぷり使い、コクと辛味がマッチした味が人気を呼んでいます。

広々とした店内でゆったりと食べられる。

 

新しいメニューを思いつくきっかけは。

お客様の意見、要望からヒントを得ることが多いですね。ヒントを得たからと言って、すぐに商品化できるわけではありませんが、ヒントを元にしてずっと考え続けると形になり、試行錯誤を重ねて初めて店に出せるようになります。その過程でボツになるものも多いですよ。

思い描く将来ビジョンとは。

最近、市中心部の好立地に出店しないかというありがたい申し出をいただき、前向きかつ真剣に考えました。しかし、これまで大島町で店を続けてこられたのは、地域の方々に支えていただいたからこそ。お客様にずっと店の成長を見守っていただいてきたことに思い至り、大島町で可能な限り店を続けていきたいと思いました。そして「昨日よりも今日、おいしいものを作る」という気持ちで仕事をしていきます。

 

綾部市大島町沓田27-4
食べログWEBサイト
0773-42-6141

定休日:木曜日

営業時間:11:30~14:30(O.S.14:00)17:30~20:30(L.O.20:00)