移住立国あやべ

お店・会社うっトコのええトコShop ・Company

Sazato和香(トータル・リラクゼーション)

古民家に「和み、香る」空間

上八田町の藤山等章としきさんと妻の久美子さんは、2年半前に東京都町田市から綾部に居を移し、マッサージやアロマなど、お好みの方法で癒やすトータル・リラクゼーションの専門店「Sazato和香わこう」を開店した。同店は、上八田町の佐里(さざと)という地域にある自宅兼店舗で営まれている。屋号は、「佐里に『和み、香る』空間を作りたい」という思いを込めて決めたという。田園風景の中に建つ築120年の古民家で、良い香りに包まれて和みの一時(ひととき)を過ごし、日ごろの疲れを癒やしてもらえるのが同店の大きな魅力だ。

藤山等章さん(左)と久美子さん

本町3丁目で生まれ、高校卒業まで過ごした等章さんは、東京で勤務していた会社を早期退職して一念発起し「フーレセラピー」を学んだ。Uターンして、当初は父親の住む実家で店を開く予定だったが、この古民家との出合いによって同店が誕生することになった。等章さんが施すフーレセラピーは、足を使って全身を優しくほぐすマッサージ。一方、久美子さんはフェイシャルトリートメントのほか、アロマセラピーやフラワーエッセンスの基礎を教えるスクールも開催している。暖かいまきストーブのある古民家の店内で夫妻に話を聴いた。 

体全体を優しく、面でほぐす

「フーレセラピー」とはどういうものですか。
手を使わずに足の様々な部位で体全体を優しくほぐすマッサージのため、お客様はたいてい眠りにつかれます。足は手の3~4倍の圧力でマッサージできるので、短時間で高い効果が得られ、持続します。「面」でほぐすため、手によるマッサージと比べて「もみ返し」が起こりにくいのも特長です。

どういう客層がよく利用されますか。
30、40代の女性が多いですが、年齢層は幅広いです。綾部以外に福知山市、舞鶴市からもよくご来店いただきます。実は、フーレセラピストはほとんど女性なのですが、自分自身が受けて感動し、「ほかの人にもやってあげたい」と思うのがその理由のようです。

足で優しくほぐすフーレセラピーを施す等章さん

体を芯から温める「足湯」もおすすめ

お客さんの評判はいかがですか。
優しくほぐすので、強い力でのマッサージを期待して来られたお客様は物足りなく感じることもあるようですが、次の日からすごく楽な状態が続くのを実感すると言われます。生理痛が軽くなったという女性や、よく眠れるとか、五十肩が1回で楽になったとおっしゃるお客様もいらっしゃいます。

マッサージ以外のメニューは。
岩盤浴に使われる「天照石てんしょうせき」という鉱石は遠赤外線を出すのですが、これを粒状にしてセラミックで固めたものを専用容器で暖め、そこに足を入れる「足湯」もあります。フーレセラピーと併用していただくと芯から温まり、さらに効果的です。

田園風景の中に建つ古民家でサービスを受けられる

久美子さんの提供するサービスはどのようなものですか。
現在は生徒を募集してアロマセラピーとフラワーエッセンスのスクールを開催するのが中心です。私は英国のオーガニック化粧品メーカー「ニールズヤード」のパートナーシップを取得しています。スクールではニールズヤード製品を使った基礎講座を行っています。アロマセラピーは植物の香り成分、フラワーエッセンスは花のエネルギーを転写した水の使い方や効能を学びます。当店はニールズヤードのアロマやフラワーエッセンスだけでなく、基礎化粧品の販売も行っているのでご利用ください。

アロマや化粧品などニールズヤード製品の取扱店でもある

将来はカフェ併設も夢見て

スクールは定期的に開催しているのでしょうか。
希望があれば随時開催します。こちらで決めた講座は、フェイスブックなどのSNSで情報発信しています。たとえばフラワーエッセンス講座は、1カ月間で全4回、受講料は1万6千円です。

将来のビジョンを聞かせてください。
まだ実現可能性は未知数ですが、カフェを併設することを思い描いています。お客様には香りやマッサージ、足湯でリラックスしていただき、さらにカフェで和んでいただけますからね。
 

Sazato和香
綾部市上八田町大野12
定休日:火・水 10時~17時
予約制(前日の17時までにご予約ください。営業時間外のご希望は応相談。)
電話 0773-21-7305
ホームページ