移住立国あやべ

ここらへんの教科書
投稿

となりのしかたさん vol.50

  しかたさんと孫のあずきちゃんのやりとりに思わずホッコリします。ふとした会話のなかで「その土地のコトバ」を知ることは大切なことで、何より楽しいことでもあります。

投稿

となりのしかたさん vol.49

  配達員のいだ君は話し好き。配達先では顔見知りになった住民と立ち話に花を咲かせます。ただ、あんまり話し込みすぎて配達に支障がでることも、、。

投稿

となりのしかたさん vol.47

  田植えで田んぼに入るときは、歩き方にもちょっとしたコツがいるみたいです。慣れてくると楽しいですが、はしゃぎすぎてコケると大変なことに、、。

投稿

となりのしかたさん vol.46

  農村部の暮らしでは、家の裏山でタケノコや山菜がとれることも。ご近所さんのおすそ分けは嬉しいですが、「タケノコばかり食べきれない!」という贅沢な悩みもあるみたいです。

投稿

となりのしかたさん vol.45

  回覧板がまわってくると、ついつい立ち話してしまうもの。回覧板って、地域にとって大切なコミュニケーションツールみたいなものかもしれませんね。

投稿

となりのしかたさん vol.44

  普段から長靴を愛用しているしかたさんならではのアイデア。これも田舎生活あるあるネタかもしれません。

投稿

となりのしかたさん vol.42

  道端で突然親しく声を掛けられた時、知っているはずなのに、どこの誰だかどうしても思い出せないことってありますね。そんな「もどかしさ」は誰にでもあるのではないでしょうか。

投稿

となりのしかたさん vol.41

  冬のあいだは野良仕事に出ることも少ないので家に引き籠りがちに、、。なまった体を引き締めるためにも、薪割りはいい運動になります。

投稿

となりのしかたさん vol.40

  こたつでぬくぬく。熱燗をチビチビ。しかたさんの冬の愉しみ。うたた寝するのも、いつものことのようです。

投稿

となりのしかたさん vol.39

  夫婦の日常コミュニケーションは百人百様。お互いが気持ちよく暮らす「魔法のことば」を心得ているしかたさん。

投稿

小学館ダイム公式サイトで紹介されています

小学館ダイム公式サイト「@DIMEアットダイム」にて上林地区で「里山ゲストハウス クチュール」を運営する工忠照幸さんの取組みや綾部のことが紹介されています。ぜひご覧ください。 紹介記事はこちら → ◯

投稿

となりのしかたさん vol.36

  村の若者コウジくん。宴で飲みすぎてグテングテンに、、。だけど、いくら酔っぱらっても元の性格だけは変わらないようです。

投稿

となりのしかたさん vol.33

  野良仕事の道具も子どもの手にかかれば愉快な遊び道具に?!付き合わされる大人は大変ですが・・・。

投稿

となりのしかたさん vol.32

  野良仕事をしているとアブに刺されて「その痒みに耐えられない!」というのも田舎暮らしあるある。しかたさんも痒さ対策として一工夫しているみたいです。

投稿

となりのしかたさん vol.31

  真夏の日照りの中での野良仕事は過酷ですね。夏の天候と同じで、しかたさんの気持ちも移ろいやすいようです。

投稿

となりのしかたさん vol.29

  あたたかい季節になると、民家の軒先にツバメが巣を作りはじめます。そして、やがて子スズメは巣立っていきます。しかたさんもツバメの成長にご満悦の様子。

投稿

となりのしかたさん vol.28

  よしもと新喜劇のような日常の一コマ。こんなことにならないように、竹運びをする時は前方後方によくよく注意を払いましょう。

投稿

となりのしかたさん vol.27

  里山暮らしでは、愛情込めて育てた畑の野菜が猪や鹿に荒らされることは日常茶飯事。こんな看板を立てるしかたさんの気持ちもよくわかります。

移住者の声

【志賀郷に移住した経緯】
飯田朝陽さん

1年半に及ぶタイと日本を往復する放浪の生活から、綾部市へ定住する決断をした飯田さん。移住された経緯や今の想い、今後についてを伺いました。   --経歴を教えてください。 生まれは神奈川県。農業高校を卒業後、宮崎…

投稿

となりのしかたさん vol.26

  雨の日が続く梅雨の時期。憂鬱な気持ちになりそうですが、自然に目を向け、見方を変えれば楽しみを見つけることもできます。

投稿

となりのしかたさん vol.25

  野良仕事あるある。同じ姿勢での作業を繰り返すことが多い畑仕事は足腰にきます。無理をせず休憩をはさみながらにしましょう。

投稿

となりのしかたさん vol.24

  綾部を含む京都府北部は年間を通して雨の日が比較的多く、 天候が移ろいやすいということで、 昔から「弁当忘れても傘忘れるな」という言い伝えもあります。

投稿

となりのしかたさん vol.22

  農機具は使用前後のメンテナンスが必要です。 特にシーズン始めには機械トラブルが見つかることが多いです。これも田舎あるある。

投稿

となりのしかたさん vol.21

  農仕事には季節ごとにタイミングというものがあります。 春になると、ご近所さんの一挙一動がどうしても気になるもの。 これも田舎あるあるです。

投稿

五右衛門風呂を体験!!

上八田町で「農家民宿ぽかぽかのうえん」を営む 櫛田寒平さんが五右衛門風呂を自作された!との噂を聞きつけ ライターのS氏が実際に体験してきました。 (ライターS氏)あの木の向こうにあるのが五右衛門風呂ですね。立派な建物です…

投稿

となりのしかたさん vol.18

  最新の機能が備わったトラクターに四方さんもご満悦。買い物はさすがに無理があるかもしれませんが。

投稿

となりのしかたさん vol.16

  雪が多い日は畑も一面真っ白。でも、慣れてくるとどこに何があるかは一目瞭然。

投稿

となりのしかたさん vol.15

  同じ綾部市内でも「街中」と「山間部」では積雪の量が全く違ってくることも。出掛けるときには要注意です。

移住者の声

【ここらへんの教科書】ともときファーム丹波 立松季久江さんインタビュー動画

名古屋市から単身で移住し、ともときファーム丹波にてオーガニック野菜の栽培販売を行う立松季久江さん。 FMいかるさんのご協力のもと撮影いたしましたインタビューの模様を移住立国あやべYOUTUBEで公開しています! &nbs…

投稿

となりのしかたさん vol.14

  草刈り、薪作りなど田舎暮らしの仕事には、その場に合った装備が必要です。

投稿

ここらへんのことつたえ隊

あなたが移住を考えて綾部を訪れたら、そこで暮らす人たちの 生の声が聞きたくないですか? 「ここらへんのことつたえ隊」に登録したボランティアが、 フラッグを自分の店や自宅、さらには田畑にまで掲げて待っています。 その旗(フ…

投稿

となりのしかたさん vol.12

  同じように見える軽トラも、一目で持ち主を言い当てる。村の達人のなせる業です。

移住者の声

【ここらへんの教科書】
山本哲也さんインタビュー動画

京都府舞鶴市よりご家族で移住し、新規就農された山本哲也さん。 FMいかるさんのご協力のもと撮影いたしましたインタビューの模様をこちらで公開しています! 移住にいたる経緯、今お住まいの上八田町について、農業生産観光農園ベジ…

移住者の声

【ここらへんの教科書】
5miche・道又夫妻インタビュー動画

Uターンして位田町で5micheを経営する道又夫妻。 FMいかるさんのご協力のもと撮影いたしましたインタビューの模様をこちらで公開しています! お店の周りの風景や店内の様子、なにより魅力的なご夫妻の笑顔をぜひご覧ください…

投稿

となりのしかたさん vol.5

  「綾部時間」というのがあります。地域にもよりますが、だいたい集合時刻の20分前にはみんな集まってしまいます。

投稿

ここらへんの教科書配布先map

2019年4月現在、計5号発行しているここらへんの教科書。 どこで手に入れられるの?とのお声をよく聞くのでgoogle mapで配布先リストをまとめました。 ぜひご活用ください! ※配布先では在庫切れの場合もあります。ご…

投稿

ここらへんの教科書 vol.5

  ここらへんの教科書vol.5 PDFはこちらから。   コラム・田舎に住むということ サバイバルできる 綾部あるある 「移住立国」 綾部から ここらちゃん流 移住のススメ 綾部に住むとこんなにいい…

投稿

ここらへんの教科書 vol.4

  ここらへんの教科書vol.4 PDFはこちらから。   コラム・田舎に住むということ 最強のセキュリティ 綾部あるある あやべ四季彩々 ここらちゃん流 移住のススメ 綾部に住むとこんなにいい! な…

投稿

ここらへんの教科書 vol.3

  ここらへんの教科書vol.3 PDFはこちらから。   コラム・田舎に住むということ 田舎にはプロシューマ―がいっぱい! 綾部あるある ここらへんのwebサイト完成! ここらちゃん流 移住のススメ…

投稿

ここらへんの教科書 vol.2

  ここらへんの教科書vol.2 PDFはこちらから。   コラム・田舎に住むということ 綾部あるある 田舎暮らしのここらが不安 ここらちゃん流 移住のススメ など

投稿

ここらへんの教科書 vol.1

ここらへんの教科書vol.1 PDFはこちらから。 とある移住者の一日 綾部あるある 移住者Q&A など