移住立国あやべ

移住者の声Voice

【豊里に移住した経緯】
道又淳・博美さん夫婦(5miche サンクミッシュ)

以前住んでいた場所:兵庫県神戸市
現在の住所:綾部市位田町
綾部市への定住:平成26年

週に3日オープンする人気のパン屋5miche(サンクミッシュ)を経営する道又淳さん・博美さん夫妻。
博美さんはUターン。
5micheの店舗経営についてはこちら。
【5miche】Uターンしてパン屋を経営

綾部市位田(いでん)町で生まれ育ち、綾部を出て暮らした後2016年に夫と3人の娘と共に綾部に帰ってきた。

 

姪っ子さんが描いた看板が目印

--経歴を教えてください

博美さん:
生まれも育ちも位田町。
子どもの頃は由良川の河川敷で秘密基地を作ったり、山に入ったり自然の中で遊んでいました。
今の子は自然が近くにあるのに、湖岸がコンクリートで整備されてたり、山は熊が出るとかで近づけないのはなんだか可哀そうですね…。
中学生や高校生の頃になると、綾部での暮らしは退屈で退屈で!
早く都会に出たかったので高校を卒業するとパティシエを目指し綾部を出ました。

 

淳さん:
関東で生まれ育ち、就職してからも関東で暮らしていました。
仕事はずっと飲食業界。
ある時、とある有名なパン屋で働いてたのですが、あまりにもハードな仕事内容に1年余りで退職。
その時の悔しさから自分でパン屋を自営しようという気持ちが芽生えたんです。

 

店頭には様々な種類のパンが並ぶ

 

関東での生活が長くなってきた頃、夫婦ともに「関西圏に引っ越したい」という気持ちが芽生えてきたそう。

 

 

博美さん:
京都近郊に住む姉妹が、実家の親と一緒に家族旅行をしてるのを聞くと、私も一緒に行きたいから近くに住みたいと思うようになったんです。(笑)

 

 

 

淳さん:
転勤族だったのでいろんな場所で生活してたんですが、関西で暮らしたことはなかったので、関西での生活に興味をもっていました。

 

 

 

親せきがいたり、仕事も見つかったことなど様々なタイミングが合い兵庫県神戸市須磨区に引っ越し。
現在と同じ【5miche】という屋号でパン屋を開業。
定休日は週1日。日々、夫婦二人三脚でフル回転。
3人目の娘さんを出産したときは産後すぐ復帰して店頭に立ったのだそう。

博美さん:
毎日とっても忙しくて、朝早くから働いていると、夕方はまるで戦場!
成長する子どもたちと時間が合わなくなってきたり、無理をさせてるなと感じることも増えてきたんです。

 

 

 

お客さんにも恵まれ売れ行きも上々ではあったが、都会での店舗経営は家賃が重くのしかかった。

そんな折、博美さんのお父様が逝去。
綾部に戻るきっかけのひとつになった。

 

店頭には地域の人が育てた農作物の販売も

 

博美さん:
2011年頃アイシングクッキーを作り出したのですが、
SNSを介して全国の方が目にして下さり、買ってもらえるようになったのです。
これだと、田舎に住んでても商売が成り立つと思ったんです。

 

 

2015年の夏に神戸の店舗を閉めて、2016年秋に綾部で再オープン。

博美さん:
オープン時に、リフォームをお願いした村上建設さんのチラシに載せてもらったり、綾部の幼稚園のママさんLINEで情報が広まったり、ありがたいことに開店当初からお客さんにたくさん来てもらえたのはありがたいですね。
神戸ナンバーの車が店の前に並んでいたとき「すごい店が神戸から来た!」とそれも宣伝になったみたいです。

 

 

 

オープンから4年目。
すでに綾部にはなくてはならないお店となっている。

5miche(サンクミッシュ)
綾部市位田町野本34-9
0773-21-6166
営業日・木~土
営業時間・9時半~18時

遠方からもお客さんが来る人気のパン屋さん。
季節の野菜や果物を使う多種多様なパンや、博美さんが手がけるアイシングクッキーが人気。
全国発送も行っている。→